理想の間取りの別荘を手に入れました

私と夫の双方の意見をきちんと取り入れた間取りを作成してくれた

都会近くの自宅は一戸建てではあるものの吹き抜けなどはなく、家族が暮らしやすいような間取りが特徴の物件です。
夫婦と子供が暮らしていくには十分すぎる家でしたが、それとは別にせっかく別荘を持つなら夢のある物件にしたいと私は主張しました。
夫にとっても長年希望し続けた夢であることは変わりがなく、年齢を重ねて体が衰えてきた今となっては、2階への昇降をせずに済む平屋がいいと言います。
子供が巣立ったあとは部屋数もあまり必要ないと主張しますが、私からすればいずれは子供達が家族を連れてやってくることを考えると、全体の面積や部屋数を増やすために2階建てが良いように思えます。
どちらも譲れないまま時間が経ち、結局別荘の設計やデザインなども手掛けている事務所にお願いすることになりました。
お互いに主張を続けることで夫婦仲にも少しばかり亀裂が走っていましたし、子供達から少しは譲歩し合うように意見されたのもあって、正直なところ事務所に気が乗らなかったのも仕方がないことでしょう。
しかし多数の経験と専門的な知識を持つ事務所にお願いすることで、間取りについてはスムーズに解決できました。
驚いたことに、私と夫の双方の意見をきちんと取り入れた間取りを作成してくれたのです。

間取りについては夫も私もこだわりがあり、意見はなかなか一致しなかった私と夫の双方の意見をきちんと取り入れた間取りを作成してくれた素敵な家と言われるのがとても嬉しいです